高鍋町町制施行120周年お祝いのメッセージのご紹介

更新日:2021年10月01日

高鍋町は今年、町制施行120周年を迎えました。

高鍋町ふるさと応援大使の方々よりお祝いのメッセージをいただいておりますので、

ご紹介させていただきます。

 


この度は、高鍋町制120周年おめでとうございます!

 

高鍋は僕のたくさんの思い出の詰まった大好きな町です。

 

振り返るとのんびりした風土、温かい町の人、お店の人たち、

 

蚊口の浜の海、明るい友達のみんな、いつも僕は町に温かく受け止められ、

 

優しく包まれてていたんだなぁと思います。今はたくさんのスナック店も加わりました。(笑)


これからも末永く温かい町でいて欲しいと思います。


高鍋町そして高鍋の皆様が、末永く幸せでありますように!

 

高鍋町ふるさと応援大使 やす


高鍋町町制120周年、誠におめでとうございます。

 

僕はこの町の豊かな自然と、たくさんの人達に育てて頂きました。

 

今もこうして繋がっていられることを、とても嬉しく思います。

 

しかし今、新型コロナウイルスによって、人と人との繋がりがピンチを迎えています。


感染よりも怖いのが、誹謗中傷などによって人を傷つけてしまうことです。

 

誰かを攻撃するのではなく、守りましょう。

 

黙って傍観するのではなく、自ら行動しましょう。

 

為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり。

 

この町で学んだ「上杉鷹山公」の言葉、そして「石井十次先生」の生き方が、

 

強く心に響きます。

 

『思いやりの気持ち』それが、高鍋という『町』と『人』の魅力だと思います。


そんな大好きな故郷が、これからも末永く続きますように心から願っています。


また元気に笑顔でお会いできますように。


高鍋町ふるさと応援大使 黒岩 司


この度は町制施行120周年、誠におめでとうございます。

 

歴史ある高鍋町の一出身者として、

 

記念すべき瞬間をこうしてお祝いできる事を大変光栄に思います。

 

私は10歳の頃、家族と共に高鍋町へ移住してきました。

 

以来、自然豊かなこの町は私にとっての大切な原点です。

 

近年はなかなか帰省が叶わずとても残念に思っておりますが、

 

遠く離れた故郷へいつも心を寄せております。

 

高鍋町、そして町民の皆々様のますますのご発展とご多幸を願いつつ、

 

出身者としての誇りを胸に今後とも歩んでまいります。

 

高鍋町ふるさと応援大使 咲妃 みゆ


海から日が昇り、山々に日が沈む。小丸川が大地を潤す。


高鍋に暮らす方にとっては当たり前の風景かもしれませんが、


度々訪れる私にとっては、そんな何気ない風景が何より美しく、毎回、心揺さぶられます。


高鍋町には、誰もが心の中で理想として思い描く、心地よい風景があります。


120年の時を経てもなお美しい町。


町制120周年おめでとうございます。

 

高鍋町ふるさと応援大使 水野 学

aa

お祝いメッセージは、高鍋町役場1階庁舎入口に掲載をしておりますので、

役場にお立ち寄りの際は、是非ご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

高鍋町役場 総務課 行政係

〒884-8655 宮崎県児湯郡高鍋町大字上江8437番地
電話:0983-26-2001
ファックス:0983-23-6303

メールでのお問い合わせはこちら