高鍋町の魅力

更新日:2018年11月30日

コンパクトシティ

高鍋町は、宮崎県でもっとも小さな自治体です。高鍋の市街地は、小丸川と宮田川にはさまれた平地に発達しています。高台から市街地を望むと、実にコンパクトにまとまった、箱庭のような町だというのが分かります。
このコンパクトな町に、西都・児湯地方11万の中心として、行政や教育、商業などの施設が集中しています。高鍋町は、日常生活が自転車で事足りる町です。

コンパクトシティの写真

歴史と伝統

高鍋町は、高鍋藩三万石の城下町という歴史を持っています。現在も地名や町並みに城下町の名残が残っています。
また、上杉鷹山公や秋月種茂公、石井十次をはじめ、政治、経済、福祉など多くの分野に多大な足跡を残した人物が、この東九州の小さな地から多数輩出されています。
「孤児の父・日本福祉の先駆者」石井十次は、「高鍋は、理想的な人材を育成するのに最も適したところだ」と評しています。

舞鶴講演の写真
石灯籠の写真

(左)舞鶴公園(高鍋城址)。春には桜の名所となる

(右)県内に唯一残る水堀に沿って、石灯籠が並ぶ

自然環境

高鍋町の海岸は、海水浴場、サーフィンスポット、天然牡蠣産地、アカウミガメ産卵地となっています。高鍋の海および、そこに流れ込む川の水質の高さが、これらのことからもうかがえます。
また、高鍋町には、大手酒造メーカーの工場や、全国的に知名度の高い焼酎があります。高鍋町には、これらを生み出す大地の恵み、前述の海の恵みがあります。

アカウミガメの写真
カキの写真

(左)高鍋の海岸で孵化し、海へ向かうアカウミガメの子ガメ

(右)高鍋特産の天然牡蠣

この記事に関するお問い合わせ先

高鍋町役場 地域政策課

〒884-8655 宮崎県児湯郡高鍋町大字上江8437番地
電話:0983-26-2015(商工観光係) 0983-26-2018(総合政策係) 0983-26-2023(企業立地対策室)
ファックス:0983-23-6303

メールでのお問い合わせはこちら